エクセル(excel)のスキルチェックを作ってみました!

 

いまやビジネスでは、新入社員から社長まで、どんな職種でもexcelは必須になりました。

 

事務、営業、IT技術者、介護福祉士、ショップ販売員・・・

自営業、中間管理職、サロン経営者、飲食店オーナー、不動産オーナー、経営者・・・

 

いろんな方がExcelを使って仕事をしています。

でも特に勉強した事はなくいきなり仕事で使い始めたという方がほとんど。

 

便利な機能や関数を知らない事で時間のロスを生んでいるかもしれません。

さぁ あなたはどのくらいご存知でしょうか?

 

 

質問はA・B・Cグループに分かれ全部で25問。

それぞれこれはできるという質問は1点加算してください。

  

さぁ 問題をどうぞ!

  

 

エクセル スキルチェック
A 文字の大きさ、フォント、色を設定できる
日付や数字の表示形式を変えられる
オートSUMボタンで合計を出せる
オートフィルでデータを自動入力できる
二重線や点線など罫線の種類を変えられる
セルの結合を使った表を作れる
使える(使い方を知ってる)関数は1~10個だ
シートの追加・コピー・移動、シート名の変更ができる
フィルタを使って条件に合致した行だけを表示できる
罫線を使った表を自分で作れる
B 使える(使い方を知ってる)関数は11~20個だ
グラフを作れる
改ページプレビューやページレイアウトを使って印刷イメージの微調整ができる
ヘッダー・フッター機能を使って見出しやページ数を入れることができる
複数のシートを使った集計ができる
オートシェープを使って自由に図形を追加できる
写真やイラストを使った表を作れる
条件付書式の設定ができる
売上順とか最新の日付順などデータの並び替えができる
ピボットテーブルを作れる
C 使える(使い方を知ってる)関数は21個以上ある
作ったグラフの種類や色を変更したり複合グラフを作ったりできる
名前定義を使った計算式を作成できる
ピボットテーブルのレイアウトや項目を自由に変えられる
入力規則やリストを使って入力値に制御することができる

 

もうお気づきかもしれませんが、

 

Aグループが基礎

Bグループが中級

Cグループが中上級

 

です。

 

さぁ あなたは何点でしたか?

 

 

あなたの判定をお伝えする前にそれぞれのグループについて少し説明しますね。

 

Excelを使っているすべての方にAグループのスキルは必須です。

わたしは入力だけで表を作る事はないから・・という方でも必須です。

 

その理由は作業効率があがるから!

 

Excelには入力を手助けしてくれる便利な機能がいくつも備わっています。

時間を大幅に短縮したり、入力の手間を省いてくれるお手軽な機能が!

 

自分で集計表を作ったり、計算式を修正したりする方はBグループのスキルが必須です。

 

関数の使い方や操作方法はネット検索で調べられますが、どんな関数を使えばいいのか、どんな事ができるのかを知らなければ検索することもできませんよね。

 

集計表からグラフを作りプレゼンをしたり、大量のデータを分析したりする方は、Cグループのスキルが必須です。

 

自分の目的にあったグラフが自由に作れる、分析に便利なピボットテーブルを使いこなせる、そんなスキルがあれば、あなたの仕事の幅がさらに広がります。

 

 

 あなたの判定は?

  

 

Excelスキルチェック判定表

 

 質問は大きく3つのグループに分かれています。

 

 さぁ あなたは何点でしたか?

 

 


 

0~5点の方・・・ 「エクセル基礎3時間速習」で必要な基礎をマスターしましょう。

 

6~15点の方・・ 「エクセル初級3時間速習」でワンランク上の関数をマスターしましょう。

 

15~20点の方・・ エクセルマンツーマン速習でワンランク上の機能をマスターしましょう。

 

20点以上の方・・・ すばらしい点数です! 人に教えてあげるとスキルがさらに深くなりますよ。