このサイトを立ち上げた思いとは?

パソコンを一切使わず、会社の業務を行なっている企業が存在するでしょうか?

 

大企業から小さな会社、商店、個人事業主まで、好むと好まざるとに関わらず、パソコンでの作業が必須の時代になっています。

 

プロフィールにも書きましたが、私は学校卒業後、初めて就職した会社でシステム開発の仕事に出会いました。

その会社を退職したのちは、社員20名前後の中小企業様を中心にオーダーメイドのシステム開発を行なってきました。

 

販売管理・受発注・在庫・経理・財務システムなど、企業様のご要望にあわせてシステムを開発。

作ったシステムの操作方法を説明し、運用後のフォローまで一貫したサービスを行なってきました。

 

お客様が100%満足してくださる理想のシステム開発を目指し、正社員・アルバイト・派遣・フリーランス・経営者と様々な立場で約20年システム開発の仕事をしてきました。

 

でもある時、痛感したのです・・

 

システムやパソコンはしょせん道具。

利用者側に活用する環境が整わなければ、道具の力は発揮されないということを・・・

 

わたしはシステムを提供する側ではなく、使っている人であるユーザーに寄り添い、ユーザーのスキルアップや業務改善の手助けになる仕事がしたいと思うようになりました。

 

PCが普及し手作業が減り、便利になるはずのビジネス現場は、Excelが思い通りに使いこなせない「Excelアレルギー」によるPCストレスを抱える人々が増えています。

 

Excelに慣れない人は「苦手だから人よりできない」という不安によるストレス、他の人よりExcelができる人は「頼られすぎてキャリーオーバーによるストレス」、どちらも不幸な状態です。

 

1人の担当者だけでは改善されにくいことも、会社全体で取り組めば業務改善はスムーズに進みます。そのためには経営陣が先頭に立ち、管理職が積極的にExcelを活用し、部下が協力し合う「仕組み」が必要です。

 

業務改善で重要なのはシステムではなくそれに関わる「人財」です。

 

多くの会社で起きている「ボタンの掛け違い」を解消し、現場のPCストレスを解消し、個々の人がもつ本来のスキルを発揮できる現場作りに貢献したいと思っております。