このサイトを立ち上げた思いとは?

エクセルを使いこなすコツは実はすごくシンプルです。

 

  • エクセルの機能をいくつ知ってるか?
  • エクセルの関数をいくつ知ってるか?

 

「知ってる」とは

その機能や関数で何ができるのかを理解している

という意味です。

 

仮に操作方法を忘れていても、

「関数名(機能名) 使い方」で検索すればわかります。

 

でもどんな関数(機能)があるか知らなければ、検索したくてもできません。

 

知ってるか知らないかで大きく変わる

たとえば・・ ショートカットキー

1つ1つの操作方法は簡単です。

 

使えない方はショートカットキーを知らないだけ

操作方法が難しくてできないという方はいないでしょう。

 

簡単に使えるショートカットキーですが

使っている人と使ってない人を比較するとその作業スピードは何倍も違います

 

 

たとえば・・ ピボットテーブル

ドラッグ操作だけで集計表を作ることができます。

数式を使わず集計表を作れますから、どんな方でも5分で使えるようになります。

 

数式を使って集計表を作ると数時間かかるものでも

ピボットテーブルならドラッグ操作で1,2分で完成できます。

 

知るだけで作業スピードがアップします。

パソコンを一切使わず、会社の業務を行なっている企業が存在するでしょうか?

 

大企業から小さな会社、商店、個人事業主まで、好むと好まざるとに関わらず、パソコンでの作業時間はどんどん長くなっています。

 

 

 

PCが普及し手作業が減り、便利になるはずのビジネス現場は、Excelが思い通りに使いこなせない「Excelアレルギー」によるPCストレスを抱える人々が増えています。

 

Excelに慣れない人は「苦手だから人よりできない」という不安によるストレス、他の人よりExcelができる人は「頼られすぎてキャリーオーバーによるストレス」、どちらも不幸な状態です。

 

苦手意識を抱えながら仕事をするのは計り知れないストレスです。

 

「私のエクセルの苦手意識はすっかりなくなり、楽しく思えるようになりました。」

 

これは受講者からのメールの一文です。

1人でも多くの方にこの気持ちを味わっていただきたいのです。

 

1人の担当者だけでは改善されにくいことも、会社全体で取り組めば業務改善はスムーズに進みます。そのためには経営陣が先頭に立ち、管理職が積極的にExcelを活用し、部下が協力し合う「仕組み」が必要です。

 

業務改善で重要なのはシステムではなくそれに関わる「人財」です。

 

多くの会社で起きている「ボタンの掛け違い」を解消し、現場のPCストレスを解消し、個々の人がもつ本来のスキルを発揮できる現場作りに貢献したいと思っております。