翌月末日を自動表示にしたい!

難易度★★☆☆☆

質問

毎月請求書を発行しています。毎回、請求書発行日と支払期限の翌月末日を入力しています。

 

お客様の数が多いので、時々入力し忘れて先月のままになっていることがあり、封入の時点で再確認しヒヤッとします。自動表示してくれる関数はありますか?


回答

月末日付はEOMONTH関数で解決です

Excelには「EOMONTH関数」というのがあり、指定した月の最終日を自動表示してくれます。

当月、翌月、翌々月、前月など、自由に指定できます。

月末日を自動計算するExcel関数はEOMONTH関数です

EOMONTH関数の引数を2種類。

 

「開始日」には基準にしたい日付の値、もしくはセル番地を入力します。

「月」には当月なら「0」翌月なら「1」前月なら「-1」を入力します。

左下の「数式の結果」で計算結果を確認します。

図の関数ダイアログボックス内で開始月の枠の横に「42466」と表示されているのはなぜだかわかりますか?

B3セルには「2016/4/6」が入力されているのになぜでしょう?

 

 

 

 

 

これはExcelの特徴のひとつですが、Excelの内部では日付を数値で管理しています。

私たちがExcelを使う上で、さほど気にすることはありませんが、このように「日付が入っているはずなのに・・・」という場面に直面したら、このことを思い出してくださいね。

 

計算結果が左の画面のように数字になってしまったら、書式設定で日付に変えれば大丈夫です。

 

 

これで請求書のミスも防げて、作業も楽になりますね!

Excelセミナーを定期開催しています