参加者を瞬時に割り振りグループ分け

難易度★★★★☆

質問

1グループ内に合計56人おり、それぞれがA~G班に分かれています。

(A班:9人、B班:7人、C班;8人、D班;9人、E班;8人、F班;6人、G班;9人  といった形で班によって人数はバラバラです)


勉強会などを2回に分けて行う際、前半28人、後半28人出席するように瞬時にA~G班をエクセルでグループわけすることは可能でしょうか?


また今回のように、割切れない人数の時もあり、誤差が1人くらいになるよう瞬時に割振りしたいです。

 


回答

乱数のExcel関数を使ってグループ分け

全体の人数をグループに分けたい時、その参加者によって瞬時に適切な人数が決められれば便利ですよね?!


今回は「乱数を発生させる関数」を使ってみました。


乱数というのは毎回違う数値を出してくれます。

どの範囲の数値を出すかは自分で決められます。



最後の班は合計との差を調整する計算式にしました。

表示された結果が思い通りでない場合は、「再計算実行」をやればまた違う乱数を発生させてくれます。

「再計算実行」は「数式タブ」の中にあります。


「RANDBETWEEN」という関数を使います。


指定された範囲内で整数の乱数を返してくれます。


ワークシートが再計算されるたびに、新しい数字が表示されます。


指定された範囲とは、最小値と最大値の間という意味ですね。たとえば右の例なら3~5の間の数字を再計算のたびに表示してくれます。


ということで上記の一覧表で、A班からF班のとなりのセルにそれぞれ


「=RANDBETWEEN(3,5)」


という計算式を入力します。


そして最後のG班は合計との差を調整する


「=C3-SUM(C5:C10)」を入力します。


合計人数との差異がないかの検証用に「合計人数との差」という項目を別途設けておくと、間違いがないと思います。



もし表示された結果が思い通りでない場合は、[数式]タブの[再計算実行]をやれば、また違う乱数を発生させてくれます。


Excelセミナーを定期開催しています